会話が上達する方法-コミュニケーション会話術

会話が上達する方法-コミュニケーション会話術

喋る速さも会話のうち

バーバルとノンバーバルのところでも書きましたように、
会話とは言葉のやり取りだけで成り立っているわけではありません。

 

会話の時の表情や声のトーン、ボディランゲージなど、言葉以外の部分も会話の一部なのです。

 

その中で、喋る速さというのも一つのポイントになります。

 

 

人間はみんな、喋る速さには個人差があります。
ゆっくりおっとりと喋る人もいれば、早口でせかせかと喋る人もいます。

 

これはある種の癖でもあり、性格からくるものもあり、また状況に左右される部分もあるので、仕方のないことではあります。

 

しかし、この喋る速さが相手に与える印象に影響していくるのも確かなことなのです。

 

 

初対面の場合、相手がどれくらいの速さで喋るかで印象は変わってくると思います。

 

おっとりと喋る人ならば、性格ものんびりとした印象を受けると思いますし、早口で喋る人ならせっかちな印象やテキパキとした印象を受けると思います。

 

でも、これは先程も書きましたように、色々な要素が絡んできますので、ゆっくりがいいとか早口がいいとかという話ではありません。

 

 

ただ、ここで一つ意識して欲しいことがあります。

 

それは、人間は自分の喋るテンポと同じテンポで喋る人には、会話がしやすいとか居心地がいいと感じる性質があることです。

 

自分と同じようなテンポで話をする人には、人間は快適さ居心地の良さを感じます。
逆に自分とは違ったテンポで話をする人には、居心地が悪かったり、「何か合わないな」と感じてしまうことがあるのです。

 

 

ですから、会話をする時には、相手の話すテンポに合わせるように話をするといいのです。

 

相手がゆっくりと喋る人ならもゆっくりと喋り、早口で喋る人には早口で対応する。

 

そうすると、その会話を快適なものと感じてもらうことができるわけです。

 

 

もちろん人には自分が喋りやすいテンポがあるわけですから、完全に相手に合わせるのも難しいでしょう。
普段んおっとりと喋る人が急に早口で喋れといってもなかなかできるものではありません。

 

でも、完全にテンポを合わせるのではなく、テンポを合わせようと意識するだけでも全然違うものです。

 

そういったことを意識することが、大切なことなのです。

 

 

ただ当たり前な話ですが、どんな時でも杓子定規に相手に合わせればいいというものでもありません。
会話は生物ですから、シチュエーションに合わせる必要もありますし、その辺はケースバイケースです。

 

 

例えば、大事なことを伝えたい時にはゆっくりと語りかけた方が重みや説得力ができます。
急いでいる時なんかにゆっくりと話せば、相手をいらつかせてしまいます。

 

状況に合わせつつ、臨機応変に対応していく必要はどうしてもあるのです。

 

 

ただ、喋るテンポを合わせることで快適さを感じてもらうことができるということは、覚えておいても損はないと思います。

 

そういった小さなことが、快適なコミュニケーションに繋がっていくわけですからね。

 

会話のレベルアップはコレで学ぶべき

総合的な会話スキルの上達を目指すなら

人に好かれる会話術

人に好かれる会話術


総合的な会話の能力を高めたいと思うなら、間違いなくこの教材がオススメです!


会話の心構えから、話題の見つけ方、人を快適にさせる話術まで、会話のスキルが詰め込まれています。喋りが上手になるだけではない、人の心を動かす会話ができるようになります。


>> 人に好かれる会話術の詳細はこちらから


人を笑わせ楽しませるような会話を身に付けたいなら

人に笑わせる会話術

人を笑わせる会話術


会話の中に笑いを取り入れたいならコレ


笑いのある会話って難しいように思えますが、実は会話での笑いってパターンが決まっているんです。その笑いをパターン化し、誰でも使えるような形で学ぶことができるのがこの教材です。人気者のステージを目指す人、異性受けの良い人を目指すなら最適な教材です。


>>人を笑わせる会話術の詳細はこちらから


【男性向け】女性にモテたいならこれは知っておくと強いです

ブーストコミュニケーション

ブーストコミュニケーション


男性のあなた!女にモテたいならこの会話術は学んでおいた方がいいです!


男性向けです。女性にモテるための会話術です。それに特化していますね。女性の心を掴み、いかにして女性から好意を持たれるか、そのための会話テクニックが凝縮されています。間違いなく男性だったらコレは学んでおいた方がいいです。


>> ブーストコミュニケーションの詳細はこちらから



ホーム RSS購読 サイトマップ