会話が上達する方法-コミュニケーション会話術

会話が上達する方法-コミュニケーション会話術

口癖は要チェック

人間には必ず何かしらの癖を持っています。

 

育ってきた環境や成長過程の中で染み付いてしまったもので、癖のない人は皆無と言っていいでしょう。

 

 

これは言葉においても同じで、言葉にもどうしても出てしまう癖があるんですね。

 

それは、「口癖」です。

 

 

ただ、この口癖ばかりはどうしようもないんですよね。
完全に無意識の中に染み付いてしまっているので、そう簡単に直すことはできません。

 

それに、癖は人間なら誰でも持っているものなので、仕方のない面もあるのです。

 

ですから、口癖を直せというのも酷な話なわけです。

 

 

ただ、場合によってはその口癖が、不快感を呼び起こしてしまうこともありますので、ちょっと注意が必要です。

 

 

口癖で一番わかりやすいのが、言葉の頭や最後につけてしまいがちなフレーズですね。

 

例えは、言葉の最初に、
「まぁ、・・・」「ようするに、・・・」「逆に、・・・」「ていうか、・・・」「え〜、・・・」「あの〜、・・・」
などといった言葉を付けてしまうことってよくあります。

 

 

こうした言葉は、会話のクッションにもなりますので、思わず多用してしまいがちです。

 

別にこれが悪いというわけではありません。
だれでもやっていることですしね。

 

 

ただ、これは程度問題になってくるのですが、ある一定の程度を超えてくると、それが不快感であったり、相手の耳についてしまうことがあるのです。

 

 

まず一つは、口癖ってある程度を超えてくると、聞いている方の耳にやたらと残ってしまうことがあります。

 

何かを発言する度に「ていうか」を頭に付ける人をたまに見かけますが、やっぱりそういう人の話って、話の内容よりも、頭の「ていうか」が凄く気になってしまうことがあります。
そうなると、もう話の内容も耳に入ってこなくなりますし、その「ていうか」ばかりが気になって、何か居心地の悪さを感じたりします。

 

 

また、この「ていうか」もそうなのですが、先ほどの「ようするに、・・・」「逆に、・・・」は、受け取り方によっては相手の言葉を否定する意味にもなってしまいます。「まぁ」も場合によっては否定の意味に取られることがありますよね。

 

相手の話に反論する意味であったり、相手の話のわかりづらさを指摘する意味であったりするわけです。

 

やはりそういった言葉を頻繁に使うと、相手からすると不快感を感じてしまうこともあるのです。

 

それに意外と多いのですが、例えば「ていうか」や「逆に」は、相手の話したことの反対の意味を言う時の言葉のはずなのですが、全然反対の意味になっていないでで使っていることってよくあります。

 

何が「ていうか」なの?何が「逆に」なの?ってこと多いんですよね。
完全に意味のない、ただのワンクッションとしての口癖になってしまっているわけです。

 

そうなると話の意味も伝わりづらくなりますし、また、意図せず相手に反論する形になってしまうので、結構厄介なんですよね。
悪気もなく、否定する気持ちもないのに、無意識のうちに相手を否定し不快感を与えてしまうことになりますから。

 

 

あと、ビジネスの場で多いのですが、会話であったりプレゼンであったり何かを発表する場で、頭に「え〜」「あの〜」を頻発する人も結構多いです。

 

この「え〜」「あの〜」などは、畏まった発言をする時によく使われるのですが、あまりにも多いと発言の説得力がなくなってくるのです。
ビジネスの場で、言葉の説得力がなくなるって、かなり致命的なことですよね。

 

こういったダイレクトに影響が出来ることもあるわけです。

 

 

口癖というのは、それ自体悪いことではありません。
というよりも、人間である以上仕方のないことなのです。

 

ですからそこまで神経質にならなくてもいいのですが、ちょっと一定の度合いが過ぎてしまうと、意図せず不快感を生じさせてしまうので、それは出来れば避けたいところですよね。

 

そのためには、自分がどのような口癖を持っているかをある程度客観的に知っておくことも役に立つのです。

 

自分の口癖をチェックするには

口癖というのは、直そうと思ってもなかなか直せるものではありません。
完全に口癖を直すことは、不可能なことかもしれません。

 

ただ、自分なりに客観的にチェックすることで、ある程度抑制することはできます。

 

そのためには、自分の口癖を自分で認識しておく必要があります。

 

 

ある程度は、自分で自分の口癖ってわかるものだったりしますよね?
「あ、またこの言葉使ってる」と自分で気づくことも少なくないと思います。

 

そういった事を意識的に頭に入れておくだけでも全然違います。

 

 

また、客観的にチェックするためには、自分の話しているところを一度録音して聞いてみるといいと思います。
これをやると、自分では気づかなかった口癖が意外と多いことがよくわかります。

 

会話している最中は、話の内容に夢中になっていることが多いので、言葉遣いにまで気がまわらないことが多々あります。
それを録音して客観的にチェックすることで、自分でも気づかなかった癖に気づくことができますので、かなり役に立つんですね。

 

人前で話す機会が多い人は、こうしたチェックをやっている人はかなり多いです。

 

 

また、もう一つ良い方法としては、自ら文章を書くことです。
例えば、ブログであったりツイッターであったり、そういったところに自分の言葉で情報を発すると、自分の言葉の癖に気づけるようになります。

 

文章と口語の違いはあります、自らの言葉を外に向けて発信していくことで、自分の言葉の癖を客観的に見ることができるのです。

 

意外とこれをやってみると、思わぬ癖や多用している言葉を発見することができますので、自分チェックには良いと思います。
(自分のボキャブラリーのなさにも気づくことができますが・・・)

 

 

このような手段を使って、自分の言葉の癖を客観的に知っておくことは、会話の上達にも非常に役に立つのです。

 

 

何度も言いますが、口癖がある事自体が悪いことではないんです。
むしろ口癖があるのは当然で、それは仕方のないことなのです。

 

 

しかし、時にはその口癖が耳障りになってしまうことがあるのも事実です。
それを防ぐためには、自分にどんな癖があるかを認識しておくことは重要なことです。

 

自分にはどんな癖があるのかを認識しているかしていないかで、大きな違いが出てくるのです。

 

 

会話のレベルアップはコレで学ぶべき

総合的な会話スキルの上達を目指すなら

人に好かれる会話術

人に好かれる会話術


総合的な会話の能力を高めたいと思うなら、間違いなくこの教材がオススメです!


会話の心構えから、話題の見つけ方、人を快適にさせる話術まで、会話のスキルが詰め込まれています。喋りが上手になるだけではない、人の心を動かす会話ができるようになります。


>> 人に好かれる会話術の詳細はこちらから


人を笑わせ楽しませるような会話を身に付けたいなら

人に笑わせる会話術

人を笑わせる会話術


会話の中に笑いを取り入れたいならコレ


笑いのある会話って難しいように思えますが、実は会話での笑いってパターンが決まっているんです。その笑いをパターン化し、誰でも使えるような形で学ぶことができるのがこの教材です。人気者のステージを目指す人、異性受けの良い人を目指すなら最適な教材です。


>>人を笑わせる会話術の詳細はこちらから


【男性向け】女性にモテたいならこれは知っておくと強いです

ブーストコミュニケーション

ブーストコミュニケーション


男性のあなた!女にモテたいならこの会話術は学んでおいた方がいいです!


男性向けです。女性にモテるための会話術です。それに特化していますね。女性の心を掴み、いかにして女性から好意を持たれるか、そのための会話テクニックが凝縮されています。間違いなく男性だったらコレは学んでおいた方がいいです。


>> ブーストコミュニケーションの詳細はこちらから



ホーム RSS購読 サイトマップ