会話が上達する方法-コミュニケーション会話術

会話が上達する方法-コミュニケーション会話術

質問は会話の大切な促進剤

会話というのは、双方向のコミュニケーションです。

 

言葉のキャッチボールという言葉があるように、どちらからが言葉を投げ、それを受けた方が今度は言葉を投げ返すといったように、言葉のやり取りをするのが会話です。

 

一方的に言葉を投げるだけでは、会話は成立しないわけです。

 

 

でも、こちらが言葉を投げたからといって、必ずしも相手が投げ返してくれるとは限りませんよね。

 

そこを言葉を投げ返すことを促す効果があるのが、「質問」です。

 

相手にも発言を促すことで、会話に参加してもらうための手段ですね。

 

 

質問をどれだけ上手く活用するかが、会話を盛り上げるための大きなポイントとなってきます。

 

一方的に喋り倒す会話では、決して盛り上がりませんからね。

 

 

思い返してみれば、会話の中で質問が占める割合って、凄く多いんですよね。

 

特に初対面の人や、まだそれほど親しくない人が相手だと、相手の情報を引き出さなければなりませんので、質問の占める割合はもっと多くなります。

 

相手のことを知ることが出来なければ、なかなかお互いの距離は縮まりません。
相手のことを知れば知るほど、距離は縮まっていきます。

 

そのためには、質問を使って相手のことを知っていくことはとても大事なことなんです。

 

 

この「質問」という武器をどれだけ上手に活用できるかで、会話・コミュニケーションの質は大きく変わってくると思います。

 

 

質問を効果的に使う2つのポイント

 

ただ、質問を上手く使うのは意外と難しいものです。
これは受け手の問題でもありますので、質問をする側だけが気をつけていれば大丈夫ってものでもなかったりします。

 

会話の中で質問を使う時に、最低でも下記の点は注意しておいた方がいいと思います。

 

1,質問ばかりしないようにする

一方的に相手に質問ばかりをして、質問攻めのような会話にならないように注意しましょう。

 

質問というのは、相手から情報を聞き出す手段です。
ですから、質問を一方的に浴びせかけられると、まるで自分の内情を探られている気分になって、あまり良い気はしないものです。

 

あまり質問攻めをされると、警察の尋問でも受けているような気持ちになってしまいますからね。

 

そうならないように、質問をするだけではなく、自分のことを話したり、自分はどう感じたかを話すなど、自分自身についても語るようにするといいでしょう。

 

特にこの質問攻めは、男性が女性と会話する時にやってしまいがちなので、男性は注意するようにした方がいいですね。

 

質問への答えが一問一答にならないようにする

これは話し手よりも、受け手の問題だと思いますが、質問の受け答えが一問一答形式で終わってしまうことがよくあります。
まるで受験の参考書かと思うようなやり取りになってしまうのです。

 

「○○さんは、△△って店へ行ったことありますか?」
「はい、あります」

 

・・・・・・

 

これで受け答えが終了してしまうことがよくあります。

 

さすがにこれでは会話は続きませんよね。
結構話し相手がこういうタイプだとしんどいものです。

 

質問する方も、これでは次々と質問を浴びせるしかなくなってしまいますし、いつか話しのネタも尽きてしまいます。

 

これは、女性が男性と会話をする時、特に初対面であったりまだ親しくな男性と話をする時に多いパターンですね。
どうしても初対面の男女の場合は、女性の方が受け身になってしまうことが多いですから。

 

質問に対して、YES or NOで終わってしまうとその後会話が続きませんので、YES or NOにプラスαをして返したいものです。

 

時には質問返しをする

どうやってプラスαをしていくかの一つの方法として、「質問返し」をするのもいいかと思います。

 

例えば、

 

「○○さんは、△△って店へ行ったことありますか?」
「はい、ありますよ。□□さんも行かれたことあるんですか?」

 

みたいな感じで、聞かれた質問を相手に質問仕返してあげるといいでしょう。

 

相手が質問をしてくることは、その人にとって興味があることだったりします。
ですから、逆にそのことに質問されると嬉しいこともあるんです。

 

中には、逆に質問して欲しいからこそ、あえて相手に質問をしている人も結構いるんです。

 

少なくとも質問をし返してあげることで、会話に参加していることやちゃんと話を聞いていることを伝えることができますので、会話の盛り上がりにプラスの効果を与えることができるわけです。

 

質問に感想を添えて返事をする

また質問に対して、YES・NOだけでなく、自分なりの感想や情報を添えて返事するのもポイントです。

 

そもそも質問というのは、何もYESかNOかを聞くだけでなく、それに対してあなたの個人的な意見を聞きたい場合がほとんどなわけです。

 

ですから、YESかかNOかに加えて、個人的な感想や意見を添えてあげるだけで、会話の盛り上がりは大きか変わってくるのです。

 

「○○さんは、△△って店へ行ったことありますか?」
「はい、ありますよ。あそこ美味しいですよね〜」

 

みたいな感じで返事をすれば、相手の印象も全然違うわけです。

 

YESかNOかだけだと、どうしても無味乾燥になってしまいます。
その受け答えだけしか返さないのに会話を盛り上げることなんてのは、どんなに話術が達者な人でも不可能です。

 

受け手がどう質問に対応するかで、会話の盛り上がりも180度違うものになるのです。

 

 

 

「質問」は、会話を促進する強力なスパイスになります。

 

しかしそれも、質問という武器を上手く使えてこそです。

 

会話というのは相手がいることなので、思い通りにいかないこともあると思います。

 

しかし、相手のことはコントロール出来ないとしても、少なくとも自分だけは会話が盛り上がるように気を回すようにしましょう。

会話のレベルアップはコレで学ぶべき

総合的な会話スキルの上達を目指すなら

人に好かれる会話術

人に好かれる会話術


総合的な会話の能力を高めたいと思うなら、間違いなくこの教材がオススメです!


会話の心構えから、話題の見つけ方、人を快適にさせる話術まで、会話のスキルが詰め込まれています。喋りが上手になるだけではない、人の心を動かす会話ができるようになります。


>> 人に好かれる会話術の詳細はこちらから


人を笑わせ楽しませるような会話を身に付けたいなら

人に笑わせる会話術

人を笑わせる会話術


会話の中に笑いを取り入れたいならコレ


笑いのある会話って難しいように思えますが、実は会話での笑いってパターンが決まっているんです。その笑いをパターン化し、誰でも使えるような形で学ぶことができるのがこの教材です。人気者のステージを目指す人、異性受けの良い人を目指すなら最適な教材です。


>>人を笑わせる会話術の詳細はこちらから


【男性向け】女性にモテたいならこれは知っておくと強いです

ブーストコミュニケーション

ブーストコミュニケーション


男性のあなた!女にモテたいならこの会話術は学んでおいた方がいいです!


男性向けです。女性にモテるための会話術です。それに特化していますね。女性の心を掴み、いかにして女性から好意を持たれるか、そのための会話テクニックが凝縮されています。間違いなく男性だったらコレは学んでおいた方がいいです。


>> ブーストコミュニケーションの詳細はこちらから



ホーム RSS購読 サイトマップ